ラビスタ観音崎テラス宿泊ブログ!オーシャンビューの客室や眺望露天風呂などホテルステイを60枚の写真で完全ガイド

ラビスタ観音崎テラス宿泊レポIC 横須賀

当サイトには一部広告が含まれていますが、記載している情報はその影響を一切受けておらず、公平・中立な立場で作成しています

はんぺん
はんぺん

こんにちは、旅好き会社員はんぺんです

三浦半島最東端に建つリゾートホテル「ラビスタ観音崎テラス」に宿泊してきました。
「観音崎京急ホテル」を共立メンテナンスがリニューアルし、2023年8月にオープンしたホテルです。

オーシャンビューの客室や天然温泉を使用した眺望露天風呂など、東京湾の贅沢な眺めと心地よい海風に癒され非日常を味わえるホテルでした。

この記事では、「ラビスタ観音崎テラス」への宿泊を検討している方や宿泊予定の方の参考になるよう、実際に宿泊した感想や基本情報などホテルステイの詳細をまとめています
沢山の写真と共にご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

▶︎ラビスタ観音崎テラスの夕食フルコースと朝食ビュッフェの紹介ブログはこちら

LA VISTA 観音崎テラス基本情報

ラビスタ観音崎テラス看板

ラビスタ観音崎テラスは、ビジネスホテル「ドーミーイン」で有名な「共立リゾート」が運営するホテル。LA VISTAはスペイン語で「眺め・眺望」「出会い」といった意味があり、ラビスタシリーズは眺望のよいリゾートホテルという位置付けです。

横須賀観音崎は、東京湾に突き出した岬で他にはない絶好のロケーションが人気。そんな観音崎にある爽やかな海辺のホテルで、心地よい海風を感じながら豊かな自然を愉しみ、非日常を体験できます。

ラビスタ観音崎テラスおすすめポイント

海側から見るラビスタ観音崎テラス

ホテルは海沿いにあり、その距離感は想像以上に近くて感動しました。ホテルを取り囲むようにボードウォークが整備されており、雄大な景色を眺めながらお散歩するのもおすすめです。

おすすめポイント
  • 都心から約1時間で行けるリゾートホテル
  • 東京湾を一望できるオーシャンビューの客室
  • 天然温泉を使用した開放的な眺望露天風呂
  • 24時間入浴できる5つの無料天然温泉貸切風呂を完備
  • 東京湾や相模湾の魚介、三浦の野菜など地産食材をふんだんに使用したお食事
はんぺん
はんぺん

都心からわずか1時間で行けるとっておきの海辺のリゾートです!

ラビスタ観音崎テラス施設概要

ラビスタ観音崎テラスのバルコニー越しの景色

ラビスタ観音崎テラスは、神奈川県横須賀市にある神奈川県立観音崎公園のすぐ隣の自然豊かな立地に建つ都会のリゾートホテル。東京湾を一望できる場所にグランピング施設も完備されています。

住所〒239-0811 神奈川県横須賀市走水2-1157-2
電話046-841-2355
客室数全75室
ホテル棟60室(ツイン、DXツイン、トリプル、スイート)
グランピング15室(ツイン、フォース)
滞在時間チェックイン 15:00 / チェックアウト 11:00
共用設備大浴場2ヵ所(内湯・天然温泉露天風呂・ドライサウナ(男性)・ミストサウナ(女性))、無料天然温泉貸切風呂5種、岩盤浴、湯上り処、エステサロン、多目的ホール、レストラン、屋外プール
駐車場有り【車】1台1泊1,000円【バイク】1台1泊500円
公式サイトhttps://dormy-hotels.com/resort/hotels/la_kannonzaki/

ラビスタ観音崎テラスへのアクセス

ラビスタ観音崎テラスの最寄駅は京浜急行線「馬堀海岸」駅。そこから観音崎行バスで約10分、タクシーだと7分の距離です。
京浜急行「馬堀海岸駅」より徒歩3分の「馬堀郵便局付近」から送迎バスが出ています

ラビスタ観音崎テラスの送迎バス
行き:馬堀海岸駅発14時、15時、16時、17時
帰り:ホテル発10時、10時30分、11時、11時30分
はんぺん
はんぺん

14時発はグランピング利用の方のみが原則ですが、私はアーリーチェックインプランだったので14時発に乗車できました

混雑時は予約優先となるので、事前に予約しておくと安心です(電話番号:046ー841ー2355)。

ラビスタ観音崎テラスの外観・エントランス・ロビー

外観・正面玄関

ラビスタ観音崎テラスのゲート

海辺リゾートらしさを感じるホテル入り口。椰子の木が南国ムードを醸しています。

ラビスタ観音崎テラスの正面玄関

エントランスはシンプルな作り。広めの車寄せまで送迎バスで送っていただきました。

ロビー・フロント

ラビスタ観音崎テラスのロビー

エントランスに一歩入るとすぐ目の前には大きな窓から東京湾を望む開放的な景色が出迎えてくれます。手前に置かれたソファセットは歴史を感じる作りでリニューアル前のものを再利用しているようです。

ガラス窓の向こうはテラスとベンチが置かれた「シーサイドテラス」になっており、敷地の端には真っ白なブランコが置かれています。この日は風が強かったのでブランコは揺れないように固定されていましたが、座って写真を撮ることもできます。映えポイントですね。

ラビスタ観音崎テラスフロント

写真左がフロントです。
シャンデリアなどもおそらく京急ホテル時代からのものと推測されますが、ホテルの規模に比してゆとりのある空間に感じました。

一番早い送迎バスに乗ったので14:10分には着きましたが、同じバスに10組強の宿泊客が乗っていたのでフロントは一気に混雑状態に。順番に整理券をもらい、チェックインを待つ間は写真の右方向にあるカフェ、La Salaで過ごすよう勧めていただきました。

カフェ「La Sala」

ラビスタ観音崎テラスのカフェ

ラウンジも海に面しており絶景を楽しみながらゆったり過ごせます。
4人がけのテーブルが12組ほどとカウンター席あり、席数も十分でした。

ラウンジの無料サービス(ドリンク・お菓子)

ラビスタ観音崎テラスの無料ドリンク

カフェラウンジでは、ウェルカムドリンクとお菓子の無料サービスがあります。温かいコーヒーや紅茶、フレッシュジュースのほか、本格的なスープまでありました。
コーヒーマシンと紅茶類はチェックアウトまでずっと利用可能です。

ウエルカムドリンク
  • コーヒー、カフェオレ、ココア
  • 紅茶(ダージリン、アップルティー)
  • 本日のスープ(パンプキンスープ)
  • 本日のドリンク(パッションフルーツ)
ラビスタ観音崎テラスのスナック

おしぼりとお菓子。
「三浦半島ハニーミニパイ」は大人も子供も好きな味だと思います。

ラビスタ観音崎テラスのカップケーキ

夕食後の時間帯にお茶をもらいに立ち寄ったところ、新しいお菓子(カップケーキ)が置かれていました。

はんぺん
はんぺん

さすが共立リゾート。サービスが凄いです!

チェックイン

ラビスタ観音崎テラスのルームキー

景色とお茶を楽しんでいたらあっという間にチェックインに呼ばれました。4番目だったので5〜6分待ちだったと思います。
フロントに移動し、大浴場や貸切風呂の場所、各種サービスなどの説明をいただきました。

ルームキーはカードではなく昔ながらのMIWA製の鍵でした。

はんぺん
はんぺん

チェックインの時に夕食時間の希望を聞かれますので事前に同伴者と相談しておくとスムーズです。

夕食の時間
  • 第一部 17:30〜
  • 第二部 19:30〜

また、滞在中に受けられる各種無料サービスについてもチェックインの際に説明がありました。
ラビスタ観音崎テラスでは、カフェのドリンク以外にもたくさんのサービスが用意されています。説明がなかったサービスも含め全てを整理してリスト化してみました。

無料サービス
  • カフェ
    • ウェルカムドリンク、お菓子(12:00~17:30)
    • コーヒー(24時間)
  • 湯上がりサービス
    • アイスキャンディー(15:00〜24:00)
    • 乳酸菌飲料(5:00〜10:00)
  • お夜食
    • 夜鳴きそば(22:15〜23:00)
  • 室内冷蔵庫
    • 缶ビール
    • 緑茶ペットボトル
  • 室内お菓子
    • クッキー
    • よこすか海軍カレーせんべい
  • レストランでの食後
    • 個包装のガムや飴、チョコレートなど

ものすごい充実ぶりですね!

アメニティ

ラビスタ観音崎テラスのアメニティ

全国19,000室ある共立リゾートおよびドーミーインでは、ワンウェイプラスチック製品の削減を目指しており、室内には歯ブラシセット以外のアメニティが用意されていません
その他のアメニティはフロント横に設置してあるアメニティーブースから、自分で必要な分のみ選んで持っていきましょう

アメニティ
  • コットン
  • ヘアゴム
  • ヘアブラシ、くし
  • シャワーキャップ
  • ひげそり
  • お子様用歯ブラシ
  • 化粧水、乳液、洗顔フォーム、メイク落とし

ラビスタ観音崎テラスの客室内

ラビスタ観音崎テラスの廊下

アーリーチェックインプランなのですぐにお部屋に向かいます。
廊下や壁などは綺麗にリフォームされていて明るい印象です。

部屋タイプ・詳細

ラビスタ観音崎テラスの玄関ドア

宿泊したのは「ラビスタツイン217号室です。
エントランス・フロントがあるのが2階なので、同じフロアのお部屋です。

客室扉は年季が感じられ、少し鍵が開けにくかったです。

ラビスタ観音崎テラスの非常口
はんぺん
はんぺん

お部屋の位置は、最も海に近い226号室から3つ隣という良好なロケーションでした

客室(ラビスタツイン)の詳細

ラビスタ観音崎テラスの客室内

ラビスタツインルームは広さ32㎡、定員2名のお部屋で、ホテル棟60室のうち36室あるメインの客室タイプです。
窓の外には大海原が広がる明るく開放的なお部屋で、専用バルコニーでは心地よい海風と波音を感じることができます

ラビスタ観音崎テラスのベット

110cm幅のベッド2台。枕は1種類のみでした。

ラビスタ観音崎テラスのベットサイド

ベッドサイドテーブルには目覚まし時計とボックスティッシュ
半端なサイズだったり枚数が少ないティッシュを置くホテルも多いですが、普通の200組のボックスティッシュだったのが地味に嬉しかったです(花粉の季節だったので)。

壁には照明スイッチのほか、コンセントやUSBポートもあり寝ながらスマホが充電できて便利です。コンセント等は両方のベットサイドに用意されています。

ラビスタ観音崎テラスのリビング側

ベッドの奥がリビングエリア。
ウッド調にまとめられた家具にグリーンのアクセントが爽やかで落ち着いた印象です。

ラビスタ観音崎テラスのソファ

ソファは少しレトロ感のある柄。座り心地は申し分なく、2人で座っても十分な大きさで、ゆっくりくつろぐことができました。

ラビスタ観音崎テラスの室内無料サービス

お部屋の無料サービス。
おせんべいはたっぷりサイズだったので滞在中は食べられず、持ち帰らせていただきました。

ラビスタ観音崎テラスのテレビと戸棚

テレビ台を兼ねた飾り棚(テレビに私が写り込んでしまったので黒塗り処理しておりますm(_ _)m)。

ラビスタ観音崎テラスのコップ類

引き出しの中にはマグカップとグラスが2つづつ。ガラスのグラスはビール用のちょっとおしゃれなデザインです。

ラビスタ観音崎テラスの室内コーヒー

テレビ横の扉の中にはドリップコーヒーと粉末状のお茶が2種類
下段には氷を入れるアイスペールがありました。

ラビスタ観音崎テラスのタオル類

下の引き出しの中にはバスタオルとボディタオルが2枚づつ。こちらは予備分です。

ラビスタ観音崎テラスの化粧台

飾り棚の隣にあるデスク。
大きな鏡がついていてドレッサーとしても使えるのがとても便利でした。

ラビスタ観音崎テラスのバゲッジベンチ

バゲッジベンチとタオルかけ。
写真から見切れてしまいましたが、端には空気清浄機もあります。

客室バルコニーからの眺望

ラビスタ観音崎テラスのバルコニー

窓際からの景色。雄大な東京湾がすぐ目の前に広がっています
海沿いのホテルが好きであちこち泊まって来ましたが、関東近郊でここまで海に近いのはレアだと思います。低層なので余計に間近に感じます。

ラビスタ観音崎テラスの客室からの景色

テラスに出ると、波の音と潮風が心地よく感じます
眼前の浦賀水道は船舶数日本一というだけあり、多くの大型船が常時行き交っていました。
テラスに座ってのんびりとくつろぐのは最高のひと時でした。

ラビスタ観音崎テラスからの夜景

夜になると前方の千葉方面の明かりが良い感じでした。
写真手前の木の箱のような施設はグランピングルームです。風向きによってはBBQの煙などが気になる場合もあるそうですが、私の滞在中はまったく問題ありませんでした。

はんぺん
はんぺん

オーシャンビューの客室で心も体もリラックスして過ごせました

冷蔵庫には無料ドリンク(お茶・ビール)

ラビスタ観音崎テラスの冷蔵庫

冷蔵庫の中には缶ビールとお茶のペットボトルが入っています。

ラビスタ観音崎テラス湯沸かしポットとミネラルウォーター

お部屋でコーヒーやお茶を楽しむ用に電気ケトルと、ミネラルウォーターも無料提供されています。

クローゼット・湯かご

ラビスタ観音崎テラスクローゼット

広めのクローゼットの中にはハンガーが8本
館内用スリッパ、消臭剤と靴べらが収納されていました。

温泉施設を利用する時に使う「湯かご」と、綿がたっぷり入って温かい羽織が用意されています。

ラビスタ観音崎テラスの湯かごとスリッパ

湯かごの中にはバスタオルとボディタオル、濡れたものを入れるためのビニール袋がセットされていました。

はんぺん
はんぺん

足袋や靴下はないので、必要に応じて持参しましょう。温泉施設は屋外を経由するので寒い季節は靴下が必須です。

水回り(ユニットバス)

ラビスタ観音崎テラスの洗面化粧台

水回りやエアコンなどの設備はリニューアル前のものが再利用されているようで、少し時代を感じる仕様でした。洗面カウンターとトイレ、バスが一体となっています。
古いながらも清掃は行き届いており清潔感はあり、広さも十分ですが、独立型よりも使い勝手が悪いのは否めません。

ラビスタ観音崎テラスのドライヤー

ドライヤーはパナソニックのナノイーです。

ラビスタ観音崎テラスの客室トイレ

ウォシュレット付きのトイレ。
ペーパーフォルダの位置が微妙で、少し使いづらかったです。

ラビスタ観音崎テラスのユニットバス

ユニットバスは必要最小限という印象ですが、大浴場と貸切風呂があるので使うことは多くなさそうです。

館内着

ラビスタ観音崎テラスのナイトウエア1

リビングエリアの飾り棚の引き出しの中にセパレートタイプの館内着が入っています。
サイズはLとMがひとつづつ。もしサイズが合わないとか着替えてたいという場合は、フロント近くに館内着置きがあるので、自分で交換することができます

ラビスタ観音崎テラスナイトウエア2

パンツの裾が短めなのでサイズは大きめでもいいかもしれません。
浴場だけでなく、レストランなども館内着で利用可能です。

ラビスタ観音崎テラスの温泉施設

ラビスタ観音崎テラスには、天然温泉露天風呂のある温浴施設SPASSOと、5種類の貸切風呂があります。

温泉施設SPASSO(スパッソ)

温泉施設スパッソ

温泉施設SPASSOは、宿泊棟ではなく別館にあります
ホテル棟だけでなくグランピングエリア宿泊者も、もちろん利用できます。

スパッソへの道

ホテル棟の1階から長い廊下を進んだ先にあり、一度屋外に出る必要があります。
雨風の影響をモロに受けますので、ホテル棟の出口には傘が沢山おかれていました。

グランピング施設

ホテル棟を出た先はグランピングエリアになっています。ホテル宿泊者はこの先には立ち入ることができません。この写真の斜め後ろ方向にはプールがあります。

スパッソの外観

グランピング施設の手前を右に進んだ前方の建物が温泉施設です。

ラビスタ観音崎テラスの台浴場

温泉施設SPASSOの1階に履き物を預け、浴場と岩盤浴のある2階エリアに上がります。
マッサージチェアやハンモックチェアも置かれていて、自動販売機もあるのでお風呂あがりに少し休憩するのにいいですね。

大浴場・天然温泉露天風呂

展望露天風呂
※公式サイトから写真をお借りしました

男女ともに寝湯付きの天然温泉露天風呂を設けており、海を間近に感じる雄大な空間で温泉を楽しむことができます。女性露天風呂にはかめ湯も設けられていました。
大浴場の内湯は沸かし湯ですが、大きな窓から海を望むことができ眺望は最高!ジェットバスもあります。

また、男性大浴場にはドライサウナと-10℃のクーリングルーム、女性大浴場にはスチームサウナも設けられています。

温浴施設SPASSOの利用時間

15:00〜25:00、5:00〜10:00

岩盤浴(Hot Stone Spa )

ラビスタ観音崎テラスの岩盤浴

温浴施設SPASSOには男女共に利用できる「岩盤浴」があり、岩盤浴用の「湯あみ着」は脱衣所に用意されています。

室内は約40度、岩盤は約50度に温められた低温の岩盤浴には、それぞれ7種類の石がはめ込まれているそうです。予約は受け付けておらず、空いていれば自由に入ることができます。

岩盤浴の利用時間

15:00〜25:00

天然温泉貸切風呂

ラビスタ観音崎テラスの貸切風呂

ホテル棟には5つの天然温泉貸切風呂があり、こちらも予約なしで利用できます。

5つの貸切風呂

海を望めるお風呂をはじめ、趣の異なる5種の天然温泉貸切風呂「混浴中」のライトがついていなければ自由に入ることができます

ラビスタ観音崎テラス月の湯の脱衣所

こちらは、「綾の湯」の脱衣所です。
家族で利用しても十分な広さがあります。脱衣カゴは2つ、ドライヤーとヘアゴム、シャワーキャップが備え付けられています。

ラビスタ観音崎テラス月の湯の湯船

窓からは海を望むことができますが、窓の下半分は曇りガラスになっているため入浴中に景色を楽しむことはできませんでした。

浴槽は大人2人が一緒にはいってもしっかり足が伸ばせました。あとお子さん2人位は入れそうです。

ラビスタ観音崎テラス月の湯

洗い場もそれなりの広さがあります。
全体的に、よくある貸切風呂よりも広くゆとりのある造りだと感じました。

なお、シャンプーやリンスは設置されていませんのでご注意ください。

岩盤浴の利用時間

15:00〜25:00

湯上がりサービス

ラビスタ観音崎テラスの湯上がりアイス

共立リゾートのおもてなし「湯上がりサービス」は貸切温泉の入り口付近に用意されています。
夜はお風呂上がりにうれしい昔懐かしのアイスキャンディを、朝は乳酸菌飲料をいただくことがでいきます。

フルーツ味のアイスキャンディのほか、ハーシーズのチョコバニラバーもありました。

ラビスタ観音崎テラスのヤクルト

乳酸菌飲料はヤクルトでした。
共立リゾート系列ではそうじゃない乳酸菌飲料のところも多いので嬉しさ倍増でした!

提供時間
  • アイスキャンディ 15:00〜24:00
  • 乳酸菌飲料    5:00〜10:00
湯上がりサービス用のソファ

ゆったりしたソファエリアも併設されているので湯上がりタイムをゆっくり楽しみましょう。

屋外プール(Costa Pool)

Costa Pool
※公式サイトから写真をお借りしました

宿泊者のみが利用できる屋外プール「Costa Pool」は夏季限定の営業です。
あまり大きなプールではありませんが、間近に海を望むロケーションでリゾート気分を満喫できるは素敵ですね。

ホテルのリニューアルオープンが8月だったので、昨年はオープン時から9月中旬まで営業していたようです。2024年以降は何月からプール営業を開始するのか現時点では情報は見つかりませんでした。

レストランSACHIの食事

夕食のオードブル

ラビスタ観音崎テラスのレストランは2階にある「SACHI」のみです
夕食、朝食のほか、夜食の夜鳴きそばもここで振るまわれます。

東京湾や相模湾の魚介、三浦の野菜など地元産食材を活かしたお料理を、雄大な海を見ながら堪能できます。

夕食のメインディッシュ

夕食は神奈川県産の山海の幸を堪能できるフレンチフルコース料理です。

旬の食材を使ったお料理は上品な味わいで見た目も華やか。食前酒からオードブル、パスタ、スープ、魚料理、肉料理、ご飯もの、デザート、コーヒーまで、大満足の内容でした。

朝食の海鮮丼

朝食は三浦半島の食材をふんだんに使用した約80種類のメニューをバイキング形式で楽しめます。

オムレツなどの洋食のほか揚げたての天ぷらやオープンサンドなど幅広く種類豊富なビュッフェ。特に、ラビスタの有名なサービスのひとつ「いくらかけ放題」の三浦海鮮丼は贅沢な美味しさでした。

はんぺん
はんぺん

ラビスタ観音崎テラスに泊まるなら食事付きプランが断然お得でおすすめです!

▶︎ラビスタ観音崎テラスの夕食フルコースと朝食ビュッフェの紹介ブログはこちら

売店・自動販売機

スーベニアショップ PIONONO

ラビスタ観音崎テラスの売店

レストランの向かいにはホテルの売店「スーベニアショップ PIONONO」があります。
地元横須賀や三浦半島のお土産のほか、ラビスタの館内着や湯かごまで売っていました。

ラビスタ観音崎テラス売店のドリンク

扱う飲み物はソフトドリンクのみでアルコールはありませんでした。
緑茶600mlが160円、ミネラルウィーター550mlは150円と良心的な価格です。

ラビスタ観音崎テラス売店のデザート

アイスクリームは、ハーゲンダッツ(カップ)400円、横濱馬車道あいすもなかは130円でした。

自動販売機

ラビスタ観音崎テラスの売店の自動販売機

ラビスタ観音崎テラスには、ホテル棟の1階と2階にソフトドリンクの自販機があります。
ホテル棟から温泉施設へ向かう1階連絡通路出入り口の自動販売機のみ、アルコールを販売していました。ビール、レモンサワー、ハイボールなどが購入可能です。

はんぺん
はんぺん

その他、1時間3,300円で利用できるカラオケルームなどもあります

最後に

東京湾を一望する三浦半島最南端に佇むリゾートホテル「ラビスタ観音崎テラス
初めて宿泊しましたが、お部屋も温泉もお食事も期待以上で、ホテルからのおもてなしサービスも随所にあり大満足の旅になりました。
特にオーシャンビューの雄大な景色を滞在中にどこからでも楽しめるのが本当に贅沢だと感じます。自然豊かな海辺ホテルで非日常を存分に味わうことができました。次回はグランピングエリアにも泊まってみたいです!

関東近郊からのアクセスが良く都心からも1~2時間ほどで行けるうえ、周辺には県立観音崎公園や横須賀美術館など観光スポットも多くあり、横須賀エリアの観光の拠点としても利用できます

希少な立地に建つとっておきの海辺リゾート「ラビスタ観音崎テラス」で、ぜひ優雅な非日常を楽しんでみてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 関東お出かけスポットへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました